黒酢とらっきょう

らっきょうといえば、鳥取砂丘で栽培されている砂丘らっきょうが有名ですね。

鳥取に旅行に行ったときに食べさせてもらいましたよ。

このラッキョウ特有の香りのもととなっているのが「硫化アリル」という成分ですね。

「硫化アリル」には、ビタミンB1の吸収を高める働きがあります。
ビタミンB1は豚肉に多く含まれていますから、ポークカレーにらっきょうを添えるのはおいしいだけでなく栄養学的にも正しいことなんですね。


黒酢にらっきょうを漬けるとこれまたおいしい一品です。

福山の黒酢―琥珀色の秘伝

蟹江 松雄
元祖、黒酢はここにある。福山酢で健康。歴史・文化・健康・料理のすべて。
posted by Noranikki at 20:17 | TrackBack(0) | 黒酢レシピ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20618507

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。