香醋のアミノ酸

香醋には天然アミノ酸が大変多く、濃厚な中華料理があっさりヘルシーな味になることからも、中国の人々が酢を好む理由がわかりますね。
ちなみに酢豚などの脂っこいものでもさっぱりした味になるだけでなく、油と酢を混ぜると油の粒子が細かくなり、油が体内で即エネルギーとなって消費できるのですね。
火を通してもアミノ酸はこわれないのです。

中国は酢の消費量が世界第一というのもうなずけますね。
調味料としてはもちろん、おかゆにかけたり、パオズにつけたりします。


美味(おいしい)香醋(こうず)本格醸造500ml
美味(おいしい)香醋(こうず)本格醸造500ml
中国は江蘇省の鎮江市に古くから伝わる伝統の鎮江香醋。
その歴史は古く、中国清朝道光二十年(1840年)の時を経て現在に受け継がれています。
今日では中国政府国宴指定の専用名醋であり、科学的な合成酢と違い、
100%天然の穀物類を使用しています。
原料はもち米を使用しており、化学肥料は一切使用せず、宣興カメの中で時間をかけて発酵させます。
水で抽出し、3年がかりで風味豊かなおいしい香醋ができます。
アミノ酸は日本の黒酢よりバランスよく多く配合されています。体にやさしい食品です。
posted by Noranikki at 22:27 | TrackBack(0) | 香酢

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。